犬のしつけでやってはいけないこと8選

犬のしつけは飼い主との信頼を築く鍵ですが、誤った方法で行うと逆効果になることがあります。この記事では、体罰や一貫性を欠くしつけなど、犬のしつけで避けるべき8つのポイントを紹介します。

1.体罰を与える

犬は罰よりも報酬を理解しやすいです。怒鳴る、叩くなどの罰は犬に恐怖心を植え付け、逆効果となります。

 

2.コマンドを連呼する

犬に多くの命令を与えすぎると混乱してしまいます。一つの命令に対して、しっかりと理解するまで繰り返し練習しましょう。

 

3.事後に叱る

犬は直後に叱られたことを理解できますが、時間が経つと効果が薄れます。犬にはすぐにフィードバックを与えることが重要です。行動とその結果を関連付けるためには、即座の反応が必要です。

 

4.一貫性を欠くしつけ

訓練は一貫性が大切です。一貫性のある命令やルールを確立し、毎回同じ指示を与えるように心がけましょう。指示やルールを変えないようにし、犬に安心感を与えましょう。

 

5.不適切なタイミングで報酬を与える

犬には適切なタイミングで報酬を与えることが重要です。報酬が不適切な場合、犬は望ましくない行動を繰り返す可能性があるので、正しいタイミングで報酬を与える(褒める)ことが大切です。

 

6.不適切な行動を無視する

犬が不適切な行動を示しても無視せず、適切な指示や訂正を行うことが重要です。無視することで、犬は望ましくない行動を継続する可能性があります。

 

7.無理な訓練を強要する

犬は個体差があり、訓練のペースも異なります。無理な訓練を強要すると、犬はストレスを感じ、逆効果になることがあります。訓練はゆっくりと進め、犬のペースに合わせて行いましょう。

 

8.長時間のしつけ

犬は注意力が短い生物です。長時間にわたる連続したしつけは逆効果であり、犬が飽きてしまう可能性があります。短いセッションを頻繁に行い、ポジティブな経験を積ませましょう。

まとめ

 

犬のしつけは愛情と理解をもって行うことがポイントです。適切な方法でしつけを行い、信頼関係を築くことで、飼い主と犬の絆を深めることができます。ぜひ、上記のポイントに注意して訓練に取り組んでみて下さい。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
このページの先頭へ戻る