ビーグルの性格と特徴に合ったしつけ方や飼い方のコツと飼う際の注意点を徹底解説

ビーグル

ビーグルの性格と特徴には魅力的な要素が満載です。陽気で友好的な性格が特徴的であり、家族との絆を深めることが得意です。活発な本能により、常に遊びたい気持ちを抑えられない一面も。また、その賢さと好奇心がしつけの際にも活かされ、学習能力は高く、トレーニングがスムーズに進むでしょう。魅力的なビーグルの性格を理解し、適切なコミュニケーションとトレーニングを行うことで、愛らしい愛犬との豊かな生活を築くことができるでしょう。この記事では、ビーグルの性格の特徴を掘り下げながら、理解を深めるポイントをお伝えしていきます。

 

 

ビーグルの歴史

ビーグルの歴史を辿ると、この魅力的な犬種がいかにして誕生し、どのようにして世界中に愛される存在となったのかを知ることができます。ビーグルの起源から現代までの歴史を紐解き、その魅力に迫ってみます。

 

起源は古代ローマへ

ビーグルのルーツは古代ローマにまで遡ります。狩猟用の優れた嗅覚を持つ犬種として、ローマ帝国では小型の嗅覚犬が使用されていました。これがビーグルの先祖とされています。

 

イングランドで発展

ビーグルは中世になるとイングランドで狩猟に用いられるようになりました。特にウサギやキツネを追跡するための優れた能力が評価され、農民たちによって愛されました。その頭の良さや遊び心ある性格が、さらなる人気を集めていきました。

 

名前の由来

「ビーグル」という名前は、フランス語の「小さい」という意味の言葉「beag」に由来すると言われています。小型でかわいらしい容姿がその名の由来となったとされています。

 

アメリカへの輸出と人気の拡大

19世紀初頭にはビーグルがアメリカへも輸出され、人気を博しました。特に狩猟愛好家によって愛され、狩猟の相棒として多くの人々に親しまれました。その後、アメリカでのブリーディングが進み、ビーグルはより洗練された犬種となっていきました。

 

現代のビーグル

現代では、ビーグルは狩猟犬としての役割からペットとしての魅力も広く認知されています。その社交性や家族愛に溢れた性格が、多くの家庭で愛され、子供から高齢者まで幅広い層に人気です。

 

ビーグルの歴史は長く、その人気は時代を超えて途切れることなく続いています。現代でも多くの人々に愛される理由は、その魅力的な性格や親しみやすさ、そして忠実な心を持っているからこそです。

 

ビーグルの特徴

ビーグルはもともと嗅覚ハウンドに属する狩猟犬です。そのため、運動が好きで活発に動き回り、野外に出ると探索に夢中になります。

 

ビーグルは群れで狩りを行っていたことから、他の犬ともすぐ打ち解け、知らない人にも物怖じしません。ビーグルは1匹で飼うよりは、2匹以上で飼うか、同じビーグル同士で交流できる機会を作ってあげた方が良いでしょう。

 

ビーグルは陽気で愛想がよい性格をしているため、家庭犬として飼うには適しています。その場合、運動好きなビーグルですから、毎日きちんと散歩に連れていき、適度な運動をさせましょう。

 

散歩の時間は少し長めに取り、飛んだり跳ねたりさせる運動を取り入れましょう。

 

また、ビーグルは穏やかで忍耐強さも備えているため、子どもの遊び相手にも適しています。しかし、独立心が強く、興味のあるものを追って単独行動をしてしまう場合もあります。単独行動を控えさせるためには、子犬の時からきちんとしつける必要があります。

 

その他、ビーグルは好奇心旺盛で食い意地が張っているため、落ちているものは何でも食べようとします。むやみに拾い食いをしないようにしつけることも大切です。

ビーグルの性格について飼い主が知っておきたい10のポイント

ビーグルは魅力的な性格を持つ愛らしい犬種ですが、その個性を理解することは飼い主にとって重要です。ここでは、ビーグルの性格について飼い主が知っておきたい10のポイントを解説します。これらのポイントを押さえることで、より愛犬とのコミュニケーションを深め、幸せな共同生活を築くことができるでしょう。

 

陽気で友好的な性格

ビーグルは社交的で友好的な性格が特徴です。他の犬や人間との交流を楽しむため、公園やドッグランで遊ぶことが大好きです。

 

好奇心旺盛

ビーグルは好奇心旺盛な性格を持ち、新しい刺激に対して敏感です。散歩やトレーニングなど、刺激的な活動を提供することが重要です。

 

猟犬の本能

ビーグルはもともと猟犬として育てられたため、嗅覚が優れています。外に出る際はリードを確実にし、逃げないよう注意しましょう。

 

運動量が豊富

活発で元気いっぱいなビーグルは、運動を大切にする必要があります。デイリーウォーキングやアクティビティトイで遊び、体力を消耗させることが大切です。

 

賢く学習能力が高い

ビーグルは賢く学習能力が高いため、トレーニングが比較的スムーズに進みます。ポジティブリンフォースメントを用いたトレーニングが効果的です。

 

愛情深い性格

ビーグルは家族との絆を大切にし、愛情深い性格が魅力です。家族とのコミュニケーションを大切にして、ストレスを軽減させましょう。

 

独立心も持つ

一方で、ビーグルは独立心も強い面があります。自分のペースを大切にしつつ、飼い主との信頼関係を築くことが重要です。

 

食いしん坊な一面

ビーグルは食いしん坊な一面を持ち、食事に対する欲求が強いことがあります。過剰な摂食を防ぐため、食事の管理に注意し、適切な量を与えましょう。

 

神経質な傾向も

一部のビーグルは神経質な傾向を示すことがあります。新しい環境や状況に対して過敏に反応し、不安を抱えることも。リラックスさせる工夫が必要です。

 

しつけとコミュニケーションの重要性

ビーグルの性格は多様で個体差が大きいため、しっかりとしたしつけとコミュニケーションが必要です。愛情を持って接し、ポジティブな方法でトレーニングを行うことで、信頼関係を築くことができます。

 

ビーグルのしつけ方

ビーグルは魅力的な性格を持つ一方で、その頭の良さや好奇心の高さから、しっかりとしたしつけが必要な犬種です。適切なしつけを通じて、愛犬とのコミュニケーションを深め、快適で幸せな共同生活を築いていきましょう。

 

問題行動の改善

ビーグルは好奇心旺盛で独立心も強いため、問題行動が生じることがあります。食べ物の盗み食いや無駄吠えなど、問題行動を改善するためにトレーニングを行いましょう。

 

運動と知的刺激

ビーグルは運動量が豊富で知的好奇心が高いため、定期的な運動と知的刺激が重要です。適切な運動とトレーニングを提供し、ストレス発散と知的成長を促進します。

 

ポジティブリンフォースメントを活用

ポジティブリンフォースメントとは、「良い行動に対して褒めたり、認めたりすることでペットに望ましい行動を習慣化させる」しつけ方法です。ビーグルは賢く学習能力が高いため、ポジティブリンフォースメントを活用したトレーニングが非常に効果的です。褒め言葉やおやつなどのご褒美を使って、望ましい行動を強化しましょう。優しい声や愛情を込めた褒め言葉は、ビーグルのやる気を引き出す魔法の言葉となります。

 

継続と忍耐

ビーグルのしつけは継続と忍耐が必要です。しつけの効果は一朝一夕には現れませんが、コツコツと繰り返すことで徐々に成果が見られるでしょう。挫折せずに愛犬と向き合い、成長を楽しみましょう。

 

ビーグルのしつけは、飼い主との信頼関係を築き、愛犬の行動を良い方向に導くための大切な作業です。上手にしつけを行い、愛情と絆を深めることで、幸せなビーグルとの共同生活を楽しむことができるでしょう。

 

さらに詳しいビーグルのしつけ方を知りたい方は、イヌバーシティがおすすめです。イヌバーシティは、今最も売れている犬のしつけ教材で、実践者の満足度も高いのが特徴です。詳しい内容はこちらのページで紹介しています。
⇒ イヌバーシティの詳細ページはこちらをクリック

 

ビーグルの飼い方のコツや飼う際の注意点

ビーグルを飼う上でのコツとポイントをまとめました。

 

適切な運動

ビーグルは活発な犬種であり、適切な運動と刺激を与えることが重要です。毎日の散歩や遊び、ランニングなどでエネルギーを発散させましょう。

 

食事管理と体重管理

ビーグルは食べ物に対する欲求が強く、肥満になりやすい傾向があります。適切な食事量とバランスの取れた栄養を提供し、定期的な体重管理を行いましょう。

 

安全な環境の提供

ビーグルは好奇心旺盛な犬種ですので、安全な環境を提供することが重要です。庭や屋内のフェンスを確認し、逃げ出す可能性のある隙間や危険な物品を避けましょう。また、ビーグルは一人でいることが苦手な場合もあるので、家族の一員としての関与を大切にしましょう。

 

ビーグルの特性への理解

ビーグルは嗅覚が優れており、狩猟本能が強い傾向があります。彼らは匂いに敏感で、追跡や発声の欲求があることがあります。これを考慮し、安全な場所での散歩やリードの使用、適切な訓練を行いましょう。

ビーグルの大きさ

走るビーグル

 

ビーグルは小さいながら、猟犬らしい筋肉質でがっしりとした体格をしています。

 

体高:33〜40cm/体重:約8〜14kg

ビーグルの毛色の種類

ビーグルの被毛の代表色は、ハウンドカラーと呼ばれる白色、褐色、黒色の3つの斑。尾の先は白色で、被毛は短いですが、密生して生えているので悪天候にも耐えられます。

ビーグルにおすすめのドッグフード

皿に入ったドッグフード

主食には総合栄養食が推奨されます。 ビーグル犬は食欲旺盛で特に肥満になりやすいので、フードパッケージに記載されている給与量を確認し、毎回正しく計量し、正しい量を与えてください。 同じカロリーでもかさばらず、満足しやすいダイエット食品を選ぶのもおすすめです。

 

以下におすすめのドッグフードを紹介します。

 

【PR】

モグワンドッグフード

 

モグワンドッグフードは、新鮮なチキン生肉と生サーモンをふんだんに使った高タンパクなドッグフードです。 モグワンは全犬種・ライフステージに対応した万能ドッグフードであることから愛犬家の方から人気の高いドッグフードです。また、ヒューマングレードのお肉・お魚・野菜を使用し、厳選した原材料をバランスよく配合されています。(ヒューマングレードとは、人が食べても問題がない食材のことです。)また、健康な皮膚と被毛を促進するためのオメガ脂肪酸(オメガ-3およびオメガ-6脂肪酸)が豊富に配合されています。

 

詳細はこちら⇒ モグワンドッグフードの公式サイトはこちらをクリック

 

モグキューブ

 

モグキューブは、世界有数の上質なラム肉の産地ニュージーランド産のグラスフェッドラムを74.6%使用したフリーズドライのドッグフードです。ラム肉は、身体作りに欠かせない栄養素の一つ・タンパク質を豊富に含み、エネルギー供給をサポートするL−カルニチンも充実しているので、運動好きなワンちゃんにもおすすめです。また、「グルコサミン」「亜鉛」「ビタミン類」など身体のコンディションを維持する栄養補助成分も配合されています。

 

詳細はこちら⇒ モグキューブの公式サイトはこちらをクリック

 

ドッグフードに関しては、以下のページで詳しく解説していますので、ぜひ参考にして下さい。
⇒ おすすめドッグフード5選!愛犬の健康をサポートする安心なドッグフードは?

ビーグルの飼いやすさ

お手入れのしやすさ:
散歩のしやすさ:
人に友好的:
訓練されるのが好き:

まとめ

ビーグルはその魅力的な性格と優れた嗅覚を活かし、さまざまな分野で活躍しています。警察犬やサーチアンドレスキュー犬、サービスドッグなど、その才能を活かして人々の役に立つ姿も見られます。また、ビーグルは飼い主との信頼関係を重視する愛情深い性格でも知られています。家族との絆を大切にし、遊び好きな一面から、家族全員を笑顔にする存在となることでしょう。ビーグルを飼う際には、しっかりとした情報を得ることが大切です。飼い主として、ビーグルが持つ特性や性格を理解し、適切なケアやトレーニングを行うことで、幸せな共同生活を築くことができるでしょう。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
このページの先頭へ戻る