犬のシャンプーの仕方

シャンプーする犬

 

犬の体を洗わずに放っておくと、皮膚や被毛の汚れや嫌な臭いの原因になるので、できるだけ定期的にシャンプーしてあげましょう。

 

まずシャンプー前にはブラッシングをします。そうすることで余分な被毛がとれます。もつれや毛玉があるままシャンプーすると、後で固まってほぐしづらくなります。特に毛の長いワンちゃんは耳の後ろや内また、お尻の毛なども忘れずにコームでブラッシングします。

 

続いてシャンプーですが、まずはお湯をかけます。お湯の温度はややぬるめの36度〜38度くらいが丁度良いです。シャワーヘッドを体に密着させ、おしりから後ろ足、背中、胸、前足、顔の順にかけていきます。

 

全体をしっかり濡らしたら、シャンプー剤を良く泡立てて爪を立てないように指でマッサージするようにやさしく洗っていきます。皮膚の中の方までしっかり泡がいきわたるように確認しながら洗います。

 

指の間は汚れが溜まりやすいので1本ずつ丁寧に洗います。おしり周りは軽く、内股はていねいに洗います。顔や頭部は慎重に、かつ手早く洗いましょう。

 

最後に目の周りを洗ったら、今度はお湯で泡を洗い流します。頭、耳、顔、背中、胸、前足、おなか、おしり、後ろ足の順に洗い流します。おなかを流すときは前足を持って後ろ足で立たせるようにすると洗い流しやすいでしょう。泡は残らないようにしっかり洗い流します。

 

シャンプーが終わったらタオルドライします。耳の中に水が残っているようなら綿棒などで軽く拭き取ってあげます。最後にドライヤーで乾かし、被毛が乾いたら再度ブラッシングしてあげます。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
このページの先頭へ戻る