コラーゲンとシワの関係

コラーゲンとシワの関係

シワは加齢に伴う皮膚の老化によって増加して来ますが、より正確には皮膚の真皮層に存在するコラーゲンが加齢と共に減少し、肌の張りが失われる事にシワ増加の原因を求められます。

 

ゆえに、真皮層のコラーゲンを増加させてやる事が出来れば、シワを減らしたり目立たなくさせる事も可能と言えます。そこで近年は様々な見地からコラーゲンを増やす方法・シワ対策が模索されるようになっています。

 

まずコラーゲンはヒト以外の動物にも含まれる蛋白質の一種なので、外部から補給する事が可能です。、サプリメントや化粧品への配合は、集中的な補給を意識したものと言えます。但しコラーゲンの由来となる動物毎にその組成が若干異なり、ヒトの体内で活用される際には消化器官で吸収・再合成されて以後となります。

 

皮膚組織に円滑にコラーゲンを届ける為には、女性ホルモンの役割が欠かせない事が解っています。そこでシワ対策を意識してコラーゲン摂取する場合、イソフラボン等も同時摂取するのが望ましいと言えます。

 

一方でシワの発生については、ビタミンB群・C・Eの血中濃度との兼ね合いも指摘されています。従ってコラーゲンを充分に摂取していれば必ずシワが防げるというものではありませんが、解消と状態の維持については深い因果関係を指摘する事が出来るでしょう。

このページの先頭へ戻る